新しい飛行機を飛ばそう
新式の飛行機を造って飛ばす計画の場
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純国産飛行機を飛ばそう
前回で特徴と性能を箇条書きで列記しました、今回は飛行原理とこの飛行機の秘められた機能と性能を詳しく説明します。

一般にいう飛行機は鳥が翼で空を飛ぶのと同じ原理で飛びます、両者の違いは鳥が翼を羽ばたかせて飛行するのに飛行機は翼を固定して空気を後ろに噴射若しくは押し出しす推進器で前進することで空中を飛行します、いずれにしても翼によって空中に浮揚する揚力を得ています。

この凧飛行機は名前から分かるように揚力装置として翼を使いません、当然凧の揚力を利用します、なーんだそんなことかとお考えでしょうが飛行原理が違うと色々な点で違いが出ます、例えば飛行機とヘリコプターを比べ見てください、空を飛ぶという点では同じですが形も全く違います飛行性能が異なるため全く異なった用途に使われます、そこで凧飛行機の特徴をこれから詳しく説明します。

揚力の原理は至って単純です、長方形の板で紙でも木でも問いません、板の一辺を持って風に向けます、すると持った点を支点に板が風下になびきますと言うよりも板の下部が浮き上がります、この板をなびかせる揚力を利用するのです。

これが凧の揚力です、凧は揚力と風下に流される抗力を持ちます、ですから一般に凧は紐を使って一定角度を保ったままで揚げます、そのため凧は飛行機の揚力装置としては不向きだとされて来ました、そこで抗力を消して飛行機を作ろうと考えたのです。


その為には凧の形状を変形三角凧にしました凧の背面に発生する抗力を消すために推進装置を機体の頭部に据付けて凧の背面に沿った推進気流を吹き通すことにしました、この様にすることで抗力を消すだけでなく揚力が大幅に増加すると共に推進気流が強制的に拡散される結果、推進効率が大幅に向上します、速度を上げる程この効果が増します、このことが次に示す大きな結果をもたらします。

先ず第一に低空の気圧の高い大気粘性の高い空域で高出力高性能な噴射推進器が効率良く使うことが出来ます、それは凧翼の裏側が飛行することで気圧が低下して噴射気流を強制拡散させるためです、空間粘性が高い空域で高出力推進器の飛行体が航空出来ることは重荷重が可能になると言うことになります。

次に翼の形状が三角状で進行方向の空気抵抗が低いことが気体粘性の高い低空飛行に向いています、それは空気抵抗を考えた為ではなく気流の乱れを少なくするためなのです、このことが従来の飛行概念を変える事になります、飛行機は高空を飛行する物だという常識が覆ることになります、騒音の影響を無視できる海上ではホーバークラフトのように水面上を効率よく飛行する事が出来ます、それに加えて形状が水面離発着に適しています。

STOL性についてはわたしからは申しません、ご推察願えればと考えます、飛行仰角を変えることで飛行速度が安全に変えられることもご賢察願います、以上のような特徴からでも色々な用途が考えられると思います。

これはわたしの空を飛びたいと言う願望がかたちになった物です、それは一人でマントを羽織る様な感じで飛行できたらという思いが募って形作られました、車感覚の軽飛行体が容易に出来そうです、ひょっとしたら飛行の大衆化に向かうかも知れません、道路設備の軽減に繋がります。

夢のような話をしましたがその可能性を秘めているとお考え下さい、これは凧だとか紙飛行機と繋がる純和風の国産技術です、みんなで実用化に向けて知恵を出してみませんか?

これは既に特許を出願しております、外国に向けた特許出願の準備も整っています、我が国の技術として育てて下さい、各方面に呼びかける積もりです、協力をお願いします。


スポンサーサイト
この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2008/07/30 09:37】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiteplane.blog23.fc2.com/tb.php/4-6508ee2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。